自宅に商品が届くって、とても便利で、やめられないよね。

再配達のエネルギーコスト

自宅に欲しい商品が届くというのは、移動する時間やコストを省いてとても便利ですよね。一度、便利なことを経験してみるとなかなか手放すことも難しいのは至難の技でしょう。手放さなくても、便利なサービスの為に犠牲になっている人がいるとしたら心苦しいとは思いませんか。

利用者と受取人が同一人物とは限らないですね

自宅に商品が届くというのは、とても便利でありがたいことです。でも、配達してくださった時に、生憎の留守にしていたとしたら、再度、配達をしていただかなくてはなりませんね。郵便の書留なんかも同じですよね。
例えば、クレジットカードなどは自宅に書留で届きますね。不在票が入っていて、休日など、こちら側に余裕のある際に、郵便局に出向いて、受け取る問うこともできるでしょう。また、勤め先など、受取人である、こちら側が指定したところに、配達していただくことも可能でしょう。でも、宅配をお願いしたものが簡単に持ち帰ることが出来ない大きい物や、一人で運ぶことが出来ないからこそ、宅配を選択したという場合もあるでしょう。
しかしながら、再配達とナルト、とてもエネルギーのコストがかかるのだと何かしらの報道で目にしたことがあります。車で配達しているのなら、燃料だい、そして人件費。交通停滞の原因の一つにもなりかねますよね。街中では電動自転車で配達している人も多く見受けらるようになりました。

配達するものが小さいと持ち運びにもそれほどの労力は必要としなくても、少し重いものとなると、大変でしょうね。配達してくださる人の労力って。
私の知り合いで、配達をしている人がこぼしていたことを思い出しました。新米がおいしい季節に、自宅に持ち帰るのがとても大変だからと、宅配を選択して購入する人が多くいるとの事。
そして、配達することがじぶんの仕事だと思ってはいるのだけれど、約束した時間に留守で会ったらとても気力が萎えてくるんだって。昨今はエレベーターが付いている建物も多くあるけれど、すべての建物にエレベーターが設置しているわけでもなく、新米を担いで階段を上った先の配達さきが留守であった時は、本当にガックリくるとこぼしておりました。

発注者としてできることって?

配達していただく日時を約束することはできるかしら。でも、その約束を忘れてしまう可能性もあるよね。では、どうするか。単身で暮している場合と複数の人と暮している場合とも違ってきますよね。配達していただく曜日を決めておくとかいうのも現実的ではないですかね。

受取人としてできることは?

昭和の時代なら、隣の人に託けても苦情が来なかった時代があったように記憶しております。 現在では、様々な問題がありますものね。 だから宅配ボックスなどもマンションに標準装備されてきたのでしょう。 もしくは、宅配業者に予め登録しておいて留守の際にこないようにしておくという方法もあるのでしょうか。